予想していない写真が撮れることがある

コロナウイルスが蔓延してはや2年。私の周りでもオンライン化が進行している。

打ち合わせはもちろん、取材(インタビュー)をオンラインで行うことが増えた。

仕事以外では、セミナー(研修)のオンライン参加・受講をすることが多い。

最初は抵抗があったが、慣れてくるとオンラインならではのメリットが少なくないことに気づいた。

・移動しなくていい

 セミナー会場は画面の中なので、移動が不要。交通費も滞在費もかからないし、何より時間が節約できる。体調が今一つのときにも参加できるのは利点だと思う。

・気軽に参加できる

 前述の移動がないことの他に、申し込みも簡単で隣席に気を遣う必要もない。会場の雰囲気もドレスコードもないので気軽に参加できる。

・中座するときに気を使わなくていい

 受講中も飲食が自由で、手元に飲み物を置いて受講できる。短時間席を離れなければならないときも、周りに迷惑をかけなくてすむ。

・セミナーの選択肢が増えた

 当たり前だが東京であれ広島であれ、発信地がどこでもネット環境さえあれば聴けることもありがたい。

 対面開催だと広島での実現が難しいものでも、オンラインなら参加できる。

仕事柄、不定期に諸々のタスクが発生するので、受講中も自由に振る舞えるオンラインセミナーは、私のワークスタイルに合っている。

いい時代になったと思う。

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です