コロナ禍の写真展は「日常」がテーマ

所属する写真クラブの企画展が近づいてきた。

題名は「コロナ禍に○○を撮る

ここ2年くらいの、新型コロナウイルス感染症が拡大し続ける中での

私たちの日常を、それぞれの視点で切り取ったものだ。

「米」「はたらく」など、これまでの写真展のような明確なテーマではない。

撮影者個々の「コロナ禍」がどんなものになるのか。

自分の作品世界が、うまく伝わるのだろうか。
(正直なところ、万人に伝わらなくてもいいのだが)

団体のお世話役なので、これから目録や会場入り口のポスターなどの制作も控えている。

 

今日は自分の自由作品を選定して、画材屋さんに持ち込んだ。

仕上がりはぎりぎりになりそうだ。
(いつもぎりぎり)

自由作品はいつも悩ましい。

今回はスマホ写真4枚で組んだ。

スマホ写真でも、自分らしい世界を作ることができたと思っている。
(課題の「コロナ禍に…」はカメラで撮影した)

来場者の反応が楽しみだ。

 

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です