商店街の面影が残る通り

 

実家で畑仕事を終えて、夕方すこし散歩した。

小学校までの通学路を歩いた。

子供の頃、商店街だった通りには、もうあの頃の面影はない。

おもちゃ屋や呉服屋、自転車屋、時計屋、金物屋……、みんな廃業してしまった。

町内に唯一あるスーパーは、この数年で品揃えが悪くなり、売り切れてもなかなか補充されないと母がこぼしていた。

商店街を抜けると、田んぼに囲まれた通学路は昔とさほど変わっていなかったが、学校はもうない。

学校だった場所は、製粉工場に変わっている。

その敷地の隅に、蒸気機関車の車輪が置かれていた。

私が小学生のとき、学校に寄贈されたものだ。

そばには廃校時の証に建てられた石碑があり、

「校窓(まど)あけて」と刻まれている。

校歌の二番の歌い出しだ。

 

校窓あけて、実り豊かに…

 

私の人生は実っているのだろうか。

故郷でなにかの役に立っているのだろうか。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です