ミャンマーの子どもからもらった直筆のメッセージ

 

先日届いた、シャンティ国際ボランティア会からのDMに、

サンクスカードが入っていた。

ミャンマーの難民キャンプに暮らす14歳の少年が、手書きでお礼を書いてくれている。

ビルマ語で書かれているのだろうけど、まったく読めない。

二つ折りのカードの半分には、日本語訳が付けられている。

8人きょうだいの中で、唯一の男の子だそうだ。

料理、洗濯、水運び、豚の餌やりなど、家の手伝いの合間に、図書館で勉強しているという。

一番好きな「おたからパン」の本を持った写真が添えられている。

仮住まいのような家で、通える学校もないが、図書館があれば本から知識を得られる。

彼の夢は先生になることだそうだ。

 

子供の頃の読書は、大人になってもその人に影響を与える。

私が文章執筆を生業にできているのも、幼い頃に母が本をたくさん読ませてくれたからだと思う。

本はどれだけ読んでも、読み過ぎることはない。

 

大きなことはできないが、月1000円の寄付でアジアの子供たちに本を読む機会を提供できる。

サンクスカードの裏には「本の力を、生きる力に。」と印刷されていた。

寄付を始めて2年ほど。

少額の寄付でも、積み重なれば「おたからパン」何冊分かの支援にはなっている。

「おたからパン」は「挑戦すれば、人生で成功できる」と教えてくれる本なのだそうだ。

こんど図書館で読んでみたい。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です