列車の到着を待つ人

 

取材のアポイントメント、イベントの開始時間、友人との待ち合わせ、電車やバスの時刻。

私たちのビジネスや暮らしは、時間を約束することで成り立つものが多い。

時間通りにものごとが進まないとき、大抵の場合は時間に遅れる人がいるものだ。

遅れた人を待たないものもある。公共交通機関は事故やトラブルがない限り、決められた時間通りに運行する。

 

仕事を予定通りに進めるためには、時間を守ることが一番有効だと思う。

アポに遅れたら、その時点で失敗している。

時間通りに到着しても遅いくらいだ。

時間通りに到着するということは、何かあったときに遅れる可能性があるということ。

私自身、時間ぴったりに到着しそうになっただけでも相当焦ってしまう。

この時点で仕事においてはマイナスしかない。

 

「just in time」の行動はリスクだと思っている。

10分前でも心もとない。

できれば15分前には現地に着いて、待機するくらいの余裕がほしい。

しかし慣れとは怖いもので、レギュラーの仕事になると「15分前行動」は「早く着きすぎる」と感じてしまう。

早く着いてなにが悪いのだ。

遅れるよりも遥かにいい。

遅刻は信用を失う。

約束した相手に失礼だ。

 

「早く来て良かった」ということはあっても、「早く来なければ良かった」ということはない。

「遅れて来て良かった」ということもない。

 

今日はイベントの取材だったが、参加者の遅刻で開始が遅れた。

一人の遅刻が、大勢の人に迷惑をかける。

私も待ち合わせに遅れることがある。

待っている側の気持ちになって、もう一段早い行動を心がけたい。

 

広島のライター&カメラマンぶるぼん企画室

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です