裏通りの民家の窓に、干支の土鈴が並んでいた。宮島は表参道以外も楽しい。

クラブの写真展まで2週間を切ったが、自由作品が決まらない。

撮り溜めた写真の中から数点セレクトしてみたが、師匠には全てダメ出しを喰らった。

残された時間で、自分の作品を生み出すしかない。

 

今日の取材先は宮島だった。

宮島へ渡ったのは2年ぶりくらいだろうか。

広島に住んでいると、身近すぎるせいか案外行く機会がない。
(コロナ前はオーバーツーリズムで、行く気にならなかったし)

少し早く行って、写真を撮ることにした。

しかし

仕事用の撮影道具一式抱えて島内を歩くのは結構しんどい。

プライベートではAPSC機1台だけなので機動性が高いが、今日はバッグにカメラ2台、レンズ4本(これでも減らした)、ストロボ1台、三脚。
スタンドと小型のソフトボックスは手持ち。

もうどこかへ動きたいと思わない。

取材先を往復するだけでじゅうぶんだ。

 

仕事のついでに写真を撮ろうと思うことはよくある。

だが概ね満足いく写真が撮れていない。

やはり「必ず撮る」という覚悟を持って撮影に行かないと、作品候補にならない。
(覚悟をもってしても取れる保証がないが)

「ついで」ではダメなのだ。所詮「ついで」にすぎない。

覚悟をもって「わざわざ」やらないと、納得のいく結果にはならない。

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です