神社の猫

仕事に限らず、全てがうまくいくとは限らない。

予想外のことが起きて前に進めないときもあれば、自分のミスで頓挫してしまうこともある。

ミスを後の工程でカバーできることもあるが、そうならないものもある。

最終校正の仕事だ。

大型商業施設のチラシ最終構成を担当させてもらっている。

品名や値段の正誤はもちろんだが、説明文の文章としての正しさや分かりやすさ、キャラクター商品の著作権表記など、

原稿と紙面を見ているだけでは見落としてしまうこともある。

ここで見落とすとその後は印刷工程に入るので、責任は重い。

絶対にミスをしてはいけないのだが、ミスをしてしまったことがある。

それでも発注者は、次の校正でも声を掛けてくれた。

ミスの原因は、自分なりに思い当たるものがある。

以後は、同じ失敗をしないように、自分のルールを決めている。

そのルールを守っていても、ミスが出ないとは限らない。

だが、もし守らずにミスをしてしまえば、発注者への裏切りになると思う。

失敗は取り消せない。

だが乗り越えることはできる。

そう思いながらも、今日も最終校正を納品して、ミスがあったらどうしようかと内心びくついている。

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です