RICOH WG-80

 

年明けから「一日一枚」を意識して、外に出ている。

今のところはソニーα6500を使っている。

APS-C機の中ではかなり小さい部類のカメラだが、それでも重量はレンズ込みで600グラム。

それなりにずっしりと重い。

小型のズームレンズを装着しているが、起動していないときでも前後が7センチ以上ある。

(電源を入れるとさらに2センチ伸びる)

単焦点レンズならもっと薄いものがあるし、

単焦点のコンデジNikon COOLPIX A(約300グラム)も使うと面白いのだが、

ズーム機能があって助かることも多い(表現の幅が広がる)。

「軽い」「小さい」「ズームレンズ」のカメラを探していたが、なかなか思い通りのものに出会わない。

ソニーのRX100M3など、2014年発売の機種ながらいまだに8万円近い値段だし、

起動したらレンズが結構飛び出すので、コンパクトさに欠ける。

他メーカーのカメラも似たり寄ったりだが、

そもそもコンデジが少ないので、選択の余地がほとんどない。

そう思っていたら、意外なところで面白いカメラを見つけた。

防水、耐衝撃、防塵、耐寒・・・RICOHのWG-80。

時計でいうとGショックみたいなカメラだ。

ポケットに入る大きさで、重量も200グラムに満たない。

それなのに5倍の光学ズームがついている。

値段もそこそこ財布に優しい。

楽天ポイントを使って、さらに安く購入した。

説明書を読みながらいろいろ試してみる。

特殊な用途向けに作られているのでパーフェクトな機能ではない。

RAW撮影ができない、絞りやシャッタースピードはカメラ任せ。

イメージセンサーサイズは、スマホの方が大きい。

なるほど、コンデジが売れなくなるわけだと思った。

だがスマホではなくカメラを持ち歩くと、物を見るときの意識が違う。

たぶんに精神的なメリットしかないのかもしれないが、

カメラならではの写真を、このコンデジでも撮ってみたい。

というわけで、近々これを持って街に出てみる。

(今日じゃないんかい・・・)

レビューはぼちぼちに・・・。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です