一日一枚 道の駅

 

初めて自分の声を聞いたのは、小学生のころ。

母の実家で、叔父のテープレコーダーを囲んでみんなでしゃべった後のことだった。

自分の体内に響いていた声と違って、軽薄でお調子者のような、癇に障る声に思えた。

それ以来ずっと自分の声が嫌いで、特に録音した自分の声は聞きたくなかった。

 

数十年が過ぎ、声もすっかり変わってしまっていて

今は曇ったような、霧の中に立たされているような薄い声になってしまった。

そして、この声も嫌いなのだ。

特に今は、取材音源として自分の声を聴かなければならない時がある。

記事は可能な限り取材メモだけで作成しているが、筆記が追いつかなかった部分や

ディテールを確認したいところは、聴き直さなければならない。

その度に、嫌な気持ちになる。

なんと湿っぽくて聞き取りづらいのだろうと、自分でも情けない。

おそらく私と話す相手の人も聞き取りづらいだろう。

 

そんなこともあってか、人前で話すことを躊躇うようになった。

このままではいけないと思い、今日これからオンラインで話し方のレッスンを受けることにした。

果たして結果やいかに・・・

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です