トレーラー

 

画像は普通の大型トレーラー。

元日の能登地震から4日が過ぎ、被災地に全国からトイレトレーラーが派遣されている。

・大阪府箕面市

・京都府亀岡市

・奈良県田原本町

上記3自治体は私もクラウドファンディングで支援した。

他にも、高知市や福岡県篠栗町のトイレトレーラーも支援した。

少額でも、自分が支援したトイレトレーラーが被災地で役に立つのならうれしい。

宮城県気仙沼市は、サンドウィッチマンの寄贈だという。すごい・・・

トイレトレーラーは、災害時に必ず問題になる「トイレ」のトレーラー。

災害以外でも、イベントの移動式トイレとして使える。

いま全国で20自治体が配備している。

私の住む東広島市にも一度話を持ち込んだことがあるが、とても消極的だった。

トイレ環境が悪いと、被災者はトイレを我慢したり水分を取らないようにしたりと

健康上良くない行動をとってしまい、最悪の場合は災害関連死にもつながってしまう。

トイレ問題はそれほど深刻なことなのだ。

きれいで安全なトイレは、水や食料と同じくらい大切なもの。

トイレトレーラーの配備がもっともっと広がってほしい。

いまトイレトレーラーのクラウドファンディング挑戦中の自治体は2つ

・富山県魚津市

・福島県棚倉町

こちらも支援した。

今後もできる限り続けていきたい。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です