復刻版「PROVOKE」

 

島根県立美術館で買った森山大道の図録「光の記憶」を見ていたら

「プロヴォーク」掲載の写真がいくつか収録されていた。

プロヴォークは写真展で、ガラスケースに陳列されていて、中を見ることはできなかった。

今更ながら「見たい」という気持ちが強くなってきて、当然ググってみた。

 

すると、二手舎という出版社が完全復刻版を刊行しているではないか。

しかし同社の販売ページでは、国内向けの購入ボタンが見つからず・・・

蔦屋書店で見つけた。

値段は決して安いものではないが、この機会を逃したら一生見られないかもしれないと思い購入。

最近は、欲望に素直な傾向があると自覚している。

自分のための投資は惜しんではいけない。

 

というわけで先日届いたプロヴォークを、3日おきぐらいに開いて見ている。

よくわからない写真もあるのだが、なぜか気になるので見たくなる。

何度か見ているうちに気づくものもあるし、いまだ理解できないものもある。

意味や思想はともかく、私の心にはヒットする写真。

思想という意味では、結構長い文章が書き綴られていて、

写真家とはこんなに饒舌なものなのかと驚いた。

そういえば森山大道の文章はとても文学的だった。

 

感化されやすい私は、6月以降はモノクロ・ノーファインダーで撮ることが増えた。

これから少しずつプロヴォークの影響も受けるかもしれない。

白飛び寸前の写真も魅力的だ。

また撮影意欲が湧いてきた。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です