美保関の集落

 

市議選候補者の個人演説会に行ったら、応援演説が素晴らしかった。

以下はその一部を要約したもの。

新しい高規格道路ができて、アクセスが良くなった。渋滞が解消した。

しかし、新道路と並行して走る旧道とその周辺は整備が滞っている。

生活道路は狭いままで登下校には危険がつきまとう。

住宅団地では耐用年限を過ぎたコミュニティープラントを修繕する事業主体が消滅している。

地域の困りごとを解決するのは行政の仕事だが、市職員のアクションを待っていては何も進まない。

そこで力を発揮するのが地方議員だと思う。

地域の暮らしを守ることは、利益誘導とは違う。

だれもが安心して暮らせるまちづくりは、役所が作ってくれるものではなく

住民の意思を議員がまとめて要望することで実現する。

どぶ板議員は駄目だというが、どぶ板ひとつ直せない議員には、それ以上に大きなこともできない。

という内容だった。

SNSが普及したおかげで、議員の活動が一般の市民にも見えるようになった。

だが、投稿で目にするものは、著名人と面会したとか、先進的な事例やスポットを視察したとか

写真映えする場所で「やってます」感を出すものが多い。

そういった目先のパフォーマンスに惑わされず、一票を投じたい。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です