選挙ポスター掲示板

 

統一地方選の前半が終わった。

共産党の議席が増えていて驚いた。

中国地方の県議は改選前8議席だったのが11。

国政と地方は違うとはいえ、党首公選を訴えた党員を除名するという

ロシアや中国のような独裁ぶりで、それでも支持があるというのが驚きだ。

投票率が低いと、党組織の固定票が生きるとはいえ、

一般有権者の目にはどう映っているのだろう。

気になったので、件の除名事件についての新聞報道を検索してみた。

地元紙は、事件に関する記事が2つ。

以下は見出し

・共産、職員除名を巡る報道に注文 「党の見解を完全に無視」

・共産幹部、除名党員を非難 「語るに落ちた」

どちらも共産党の言い分で、党首公選を訴えて除名された側には取材していない。

とくに「報道に注文」って、これこそ「報道圧力」ではないのか?

 

報道圧力といえば、高市大臣を連日問い詰めていた立憲民主党の小西議員が

「法的措置」という言葉でメディアに圧力をかけていた。

これについての新聞記事を検索すると

「サル発言」の方がクローズアップされていて、報道圧力への批判はない。

ちなみに今日の時事通信記事は

サル発言、放送法追及に影響も 立民・小西氏に「報道圧力」批判

と、報道圧力に重点を置いた内容になっている。

 

「民主主義の危機」だとか「報道の自由を守る」と言うのなら

これらの件についてもしっかり批判しないと

単に「反自民」集団としか思われなくなるだろう。

政治的公平性なんてあったもんじゃない。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です