広報東広島「多文化さんぽ」

 

東広島市の広報紙「広報東広島」11月号が発行された。

今回の特集テーマは「多文化共生」。

東広島市は広島県内で外国人比率が一番高い市町だ。

大学や研究機関、産業団地が多いことが背景にある。

実際にこのまちで暮らしていても、外国人が多いと感じる。

しかし今や日本中どこに行っても技能実習生が働いていて、

外国人が多いのは東広島だけではないとも思う。

週末の神殿入でも、境内にたくさんの外国人がいた。

 

きれいごとで「多文化共生」「多様性」などと言っても、読者にはなかなか響かない。

身近にいる外国人に興味を持って、理解することから始めるのがいいと思う。

遠巻きに見るよりも、隣に立って話してみるといい。

そんな気持で紙面を制作した。

かくいう私も、そろそろ日本語ボランティアに参加しなくては……。

 

 

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です