ぶるぼんはようすをみている

 

ゲームをモチーフにした紙面を提案して、採用された。

だが、ビジュアル提案をしていく中で、一つの問題が発生した。

 

「ゲームのイメージ画像はドット絵ではないのですか?」

担当者の言いたいことは分かる。

確かに我々世代にとってのゲームは初代ファミコンに始まりスーパーファミコン、

せいぜいロクヨンぐらいまでかもしれない。

携帯型ならゲームボーイ、ゲームボーイカラー、アドバンス……

このあたりまでは見た目にもビジュアルがドットで構成されていた。

もっと遡ればゲームウオッチはドットどころか液晶だった。

 

しかし今や、ゲームといえばプレイステーション5やニンテンドースイッチ。

現実と見紛うほどのリアリティや、アニメーションのような滑らかな動きだ。

復刻版のレトロゲーム以外でドット絵を見ることはない。

 

私たちの記憶、あるいは先入観で「ゲーム=ドット」と思い込んでいるが、

今の20代、30代の人たちにとってのゲームビジュアルは、果たしてドットなのだろうか。

そんなことを思いながらも、先方から「ドットでお願いします」と指示があれば、ドットビジュアルを制作するのだが。

 

 

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です