月山富田城

 

松江文学学校の後、月山富田城跡を訪ねた。

先日読了した小説「駆ける」でも描かれている、尼子と毛利が戦った山城だ。

尼子の武将、山中鹿介幸盛ゆかりの城でもある。

もちろん私は小説を読んで興味を示しただけの「にわか」ファンだ。

毛利のことも尼子のことも、ろくに知らない。

ただ、作品中に出てくる月山富田城というものを、この目で見たかったのだ。

 

松江市中心部からは車でおよそ45分。遠目にも一目で城と分かる形の山があった。

橋名の上に三日月

駐車場に車を停めて数分歩くと長い階段があったので、山頂付近まで一気に登った。

曇り空で助かった。

本丸から二の丸方向を望む
安来のまちを一望

想像していたよりも広かった。

二の丸の建物内には、地元の人が撮った四季折々の写真が展示されていた。

 

城を下りて歩くこと10分。

山中鹿介幸盛の銅像が建っていた。

三日月の前立に鹿の角

言い伝えによると鹿介は、

「願はくは、我に七難八苦を与へ給へ」と三日月に祈ったという。

この言葉は聞き覚えがあった。

私が7年間所属していた倫理法人会で読む栞(バイブルのようなもの)の

「苦難は幸福の門」の章の中に書かれている。

(以下引用)

古の勇士は、「我に七難八苦を与えたまえ」と三日月に祈ったと言われる。(「万人幸福の栞」より)

私はこの「苦難は幸福の門」という言葉が好きで、「七難八苦……」の名言も覚えていたが、

その言葉の主が鹿介だということは「駆ける」を読むまで知らなかった。

古の勇者は、山中鹿介幸盛だったのだ。

好きな言葉のルーツに触れることができてよかった。

 

ひとしきり感慨に耽った後、さらに山間部へと足を延ばし、

布部の激戦地も訪ねた。

「駆ける」の合戦の舞台

 

一冊の本との出会いが、それまで縁がなかった世界への扉を開いてくれた。

歴史の面白さが、少し分かってきた。

ほんの少しだけど。

 

 

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です