案山子

 

年に何度か、クライアントにデザインや企画を提案することがある。

弊社が筆頭になることもあれば、他社と共同でプレゼンテーションに臨むこともある。

ほとんどの場合、仕様書に「プレゼンテーションに係る費用は提案者の負担とする」という文言がある。

案件獲得の成否に関わらず、プレゼン費は自己負担なのだ。

他社と共同で参加するときは、企画部分のみ関わることが多く、その場合はプレゼン費は自己消化できる。

自己消化といえばもっともらしいが、要は「手出し」。無報酬ということだ。

筆頭事業者として提案するときは、そうもいかない。

自社にデザイナーがいないので、デザイン提出は外部に協力してもらっている。

外注先のデザイナーには、プレゼンだからといって無報酬という訳にはいかない。

最低限の制作料は支払っている。

結果の如何に関わらず、弊社で負担する。

 

世の中に「タダ働き」があってはいけないと思う。

デザインを仕上げるにも、コンセプトやキービジュアルを固めるにも、さまざまな人の働きがある。

意匠や知的財産に対して、敬意と対価を忘れずにいたい。

だが現実には、依頼者がプレゼン費を持たず、提案者が負担することの方が圧倒的に多い。

提案のクオリティーは、提案者がどこまで負担に耐えられるかによって左右される。

「採用されなかったらゼロ円」という話はしたくない。

やりくりは大変だし、リスクを抱えることになるが、

こちらもプロなら外注先もプロ。

弊社とともにプレゼンに参加してくれる事業者への、敬意の表れだ。

 

 

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です