東広島市の観現寺

  

最近やっと、統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の名前がテレビや新聞に登場するようになった。

海外の報道の方が先に実名を出していた。

企業の不祥事ではすぐに実名を報じるマスコミが、宗教団体には及び腰な気がする。

最近、日曜の朝にラジオを聴くことが多い。

いつも宗教番組が放送される。

ラジオでどれくらいの宗教番組が流されているのか、番組表で数えてみると

 

中国放送ラジオ

心のともしび(カトリック善き牧者の会)

世の光(中国地方放送伝道協力会)

信仰の時間「まことの救い」(日本福音宣教会)

天理教の時間(天理教)

本願寺の時間「みほとけとともに」

広島FM

天使のモーニングコール(幸福の科学)

ヒロシマウィメンズハーモニー(広島創価学会)

 

これ以外にもあるかもしれない。

思っていたよりも多い。

少なくともこれらの番組では宗教団体から放送局にスポンサー料が払われている。

同じことは新聞でもいえる。

書籍広告の中には宗教系の出版社も多くある。

週刊誌の記事下広告を見なくなっても、宗教系の書籍広告はなくならない。

地域によってはテレビ番組もあるようだ。

  

しかし、スポンサーだから叩けないという理屈は通らない。

一般企業ならスポンサーであっても、不祥事では叩かれる。

宗教団体に対する、この歯切れの悪さは何なのだろうか。

もやもやする。

 

 

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です