実家の台所の窓

 

連休中に畑の草を刈ったのが、今季初めての草刈りだった。

燃料は去年の残りがあったが、途中で全て使い切ってしまった。

9割方刈り終えていたので、その日はそれで終了。

今日は2週間ぶりに草刈機を背負った。
(私の愛機はいまだにエンジンを背負うタイプ。少々重いがパワーがある)

現場は実家から歩いて3分ほどの竹藪だ。

毎年、淡竹の筍や茗荷などの恵みをもたらしてくれる。

筍は地面から20センチくらい出ているものがいくつかあった。

孟宗竹と違って、淡竹は地面にある程度突き出さないと、食べる部位がない。

もう数日待たないといけない。

今年はイノシシが荒らした跡がある。

これまで目もくれなかった淡竹の筍も狙っているようだ。

最近は畑に行くと、あちこちに鍬を入れたような掘り跡が、いくつも見える。

畑だけでなく、畦も掘り返している。

食べ物が少ないのか、競争が激しいのか。

毎夜、畑や竹藪に出没している。

彼らの世界も楽ではないようだ。

食べ頃の淡竹にありつけるのは、人か、イノシシか……

 

 

広島のライター&カメラマンぶるぼん企画室

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です