noteフォトギャラリーより

 

3枚の超短編を除いては、1年半ぶりに小説を書いている。

今回はワードファイルではなく、noteの下書きに記述している。

 

1か月前に、書きたいシーンが浮かんできた。

普通ならメモをとるか、PCを起動してワードに打ち込むか

どちらかの方法をとる。

そのときは眠っていたので、起き上がってメモやPCの前まで行くのが面倒だった。

だが何かにメモしておかなければ、絶対に忘れてしまう。

思いついたのがnoteだった。

枕元に充電中のスマホがある。

noteアプリを起動して、下書きにアイデアをメモしておいた。

その後、関連する新聞記事を見つけた時は、その下書きに加筆したり

記事のスクショを貼ったりして、さながらネタ帳のように使っている。

先週はそこにあらすじを書き込んだ。

今はそのあらすじに沿って、ストーリーを構築している。

 

これまでだと、別紙に記録していたものと原稿を交互に見ながらの作業だったが

今回は下書きを上書きしていくため、ストレスが軽減されている。

別紙で作成しているのは、登場人物の設定、相関関係の用紙だけだ。

 

まだ書き始めたばかりで、全体の1割くらいの進捗だが、完成があ待ち遠しい。

さて、どうなるか。

 

 

 

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です