暗闇の中でも、前に進めば光が見えるはず。

スーパーマンのような人に会った。

話ぶりから、頭の回転が速く実行力があるのが分かる。

これまで関わった複数の企業での経歴を聞くと、次々と新しいことに着手して成功させている。

 

氏は語る。

「ゴールとスタートが見えているから、イノベーションが起きる」

ゴールは「なりたい姿、理想」、スタートは「現状」

ゴールが見えなかったり、現状を把握できていなかったりすると、迷走するのだと。

確かに言われる通り、現状の戦力や環境を理解して、目標に向かって進むことが成功への最短ルートだと思う。

世の中のイノベーションの多くが、こういった思考のもとに生まれているのだと思う。

 

一方で、ゴールを設定する、見据えることが苦手な人もいる。

私だ。

明確な「なりたい自分」と言うものが確立できていないので、目先の仕事の追求ばかりしている。

5年後、10年後に「こうありたい」というビジョンがない。

気がついたら10年経っていた。

 

世の中には、かのスーパーマンのような「目標達成型」と、「天命追求型」の二通りの人がいる、という話を聞いたことがある。

目標達成型は、ゴールに向かって計画を立てて進めていく。最短距離を行ける人。

天命追求型は、目標を持っていない。

ただ目の前の「やるべきこと」を懸命にこなしていくうちに「気がつくと山に登っていいた」という人。

山に登れるかどうかは別として、私は後者だと思う。

 

イノベーションの多くは目標達成型の思考から生まれるものだとは思うが、そうではないケースもあると思っている。

窮地に追い込まれたときに生まれるアイデアもまた、世の中を劇的に変える可能性がある。

だからどんなに苦しいときもあきらめてはいけないし、消極的になってもいけないと思う。

コロナで社会が劇的に変わってしまった。

これまで通りの仕事をしていたのでは生きていけない、前が見えない今こそ、攻めの姿勢で進みたい。

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です