あなたも作家になれる芥川賞直木賞をとる!

今日は、月に一度の小説塾の日。

人の作品を読んで批評するのは、覚悟がいる。

無責任なことは言えないが、遠慮するわけにもいかない。

良いことも悪いことも、筆者に伝えなければならない。

周りの仲間たちは、驚くほどしっかり作品を読み込んでいる。

私は細かな表現については言及せず、物語の設定や展開について意見することが多いのだが、たった一行の記述が設定と矛盾していることがある。

そういうことに気づく人がいる。私は結構な頻度でスルーしてしまっていて、読みが浅いことに気づかされる。

一番読み込んでいるのは先生だ。

わずか三枚の随筆でも、何度も読み返すという。小説も然りだろう。

今日の先生の言葉で、最も響いたものは

「・・・のような」という表現は手抜きである。自分が見たものを、他のものに頼らず、いかに読者が想像できるように書くかを考えなさい。

という指摘だった。

これは私もよく使っている。

ある物を表現するとき、他の「似た何か」があるときは、それに例えるのが容易い。

しかしそれでは、自分の目で観察していることにならないのだろう。

片足でも文芸の道に突っ込んでいる者として、文章表現について妥協しないよう気をつけたい。

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です