PCキーボード

毎年1月31日が締め切りの地方文学賞に応募している。初めて応募したのが2014年なので、もう9年目になる。

結果はなかなか出ない。最終選考に残ったのが一度、二次選考通過が一度だけだ。

自分で「書けている」と思った作品でも、二次選考にすら残らない。

最初は「選者の好みに合わない」からだと思っていたが、最終選考作品以外を選者が読むことはないのだから、まったくの見当違いだ。

要はまだまだ実力不足なのだろうと思う。

そして最近は「書けている」手応えがある作品どころか、1遍の小説を書くことにさえ苦労している。

この1年は特に悩ましかった。自分にとって「書かなければ」と思えるような題材に巡り合えず(気付けず)、超短編以外の作品を書き上げることなく今日を迎えた。

 

だが、そんな時でも解決策はある。過去に生み出したまま日の目を見ていない作品たちの再生だ。

もちろんそのままではただの駄作。自分でも分かっている。

これを再び推敲する。数年の時間を空けると、また新鮮に感じる。当時は気づかなかった無駄や、書き込み不足にも気付く。

知らぬうちに、自分が成長しているような気がして、ちょっとうれしい。

こうして今年も1本完成させた。

あとは運だな。

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です