アオキの赤い実

 

今日は実家で勤労奉仕。

竹藪に溜まっていた枯れ草や伐採した竹を焼いた。

2カ月ぶりくらいに竹藪に行くと、周囲はイノシシに荒らされて地面がボコボコだった。

枯れ草を山にしていた場所も掘り返されて草が散乱している。

食べ物が少ない冬場に、ミミズでもいやしないかと地面を掘ったのだろう。

竹もあちこちで立ち枯れていた。

一本一本を根本から切って、藪から出してまた切って、

何十本か数えきれないくらい焼いた。

おかげで薮はすっきり。

筍採りは楽になると思う。

イノシシにも簡単に見つかってしまいそうだけど。

 

家から歩いて2分ほどの場所だけど、火の番をしなければいけないので

母が弁当を作って持ってきてくれた。

母の弁当は、どうしてこんなにおいしいのだろう。

おむすびとクロワッサンという謎の組み合わせも気にしない。

野焼きの火で体を暖めながら、ゆっくりといただいた。

火もあらかた鎮まって、片づけているとき。

「あの赤い実を付けた木はアオキかいね?」と母が言う。

私に分かるわけがない。

だがGoogleが教えてくれる。

写真を撮って検索すると、アオキで間違いないようだ。

画像検索のやり方を、母にも教えてあげた。

母は草花が大好きなので、これからはきっと活用するだろう。

 

夕飯を食べて、実家を出た。

帰宅後、母から電話。

実家の周りは雪で一面真っ白になったという。

今夜も暖かくして寝よう。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です