コンタクトで見る世界は、メガネとは違うのだろうか?

 

久しぶりに、15年ぶりにコンタクトレンズを使ってみようと思い

「すぐ買えます」という幟を立てている店に行くと

「処方箋がないと売れません」と言う。

店に眼科を併設でもしているのかと思ったが、そうではない。

自分で用意しないといけない。

ググってみると、市内の眼科が少ない上に

「コンタクトの処方箋を出してくれない」という口コミの医院もあり

そうではない眼科に電話してみると

「うちで扱っているコンタクトの処方箋しか出せないので云々」と歯切れが悪い。

前回買った眼科に行ってみた。

ここも「処方箋だけの方はお断りします」と書いてある。

さらに「定期的に検診しない人もお断りします」だそうで

まあ医者の義務としては間違っていないとも思うが・・・。

「処方箋を持ってきてください」という店やネットショップで買いたい人はどうするのだろうかね。

度数合わせや装着練習(ブランクが長かったので少々手こずった)などは、専門医ならではかもしれない。

総じて医院の対応には満足した。

値段は少々高いのかもしれないが、許容範囲。

安心料だと思う。

これからは時々、メガネのない生活を楽しもう。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です