空を見上げても龍は見えない

 

世羅町の三川ダム湖畔に大成龍(だいじょうりゅう)神社というお社がある。

通称「だいじょうさん」。

ダムができたときに湖底に沈んだのだが、神様の声を聞いて湖上に祀った人がいた。

その一族は事業が繁栄し、神社は「出世神」として知られるようになった。

と、庄原の女性土建屋社長から聞いたのが2013年。

「帰りに空を見たら龍がみえるけ、行ってみんさい!」と強くお勧めされて・・・

それ以来、年に2〜3回はお参りしている。

ご利益あってか、コロナ禍の2020年以外は売り上げが右肩上がりでここまできた。

出世したといえるほどではないが、商売のご利益はあると思う。

その「だいじょうさん」が昨日の新聞で紹介されていた。

年々境内が豪華になっていたが、さらに立派になっていると聞き

今年初の参拝に行ってきた。

 

人がたくさんいる。

今までは滅多に人と会うことがなかったが、今日は休日だからか、20人ぐらい参拝者がいた。

駐車場が増えていたが、それもほぼ満車。

新しい鳥居ができて、畦道のようだった参道がコンクリートで舗装されている。

絵馬の掛け所が倍ぐらいに増えていた。

なんかすごいことになっていた。

一番出世したのは、他ならぬ「だいじょうさん」だと思った。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です