見よう見まねで畳んだ袴

 

今日は新年の茶会「初釜」の日。

滅多にしない袴姿で、先生宅を訪問した。

こともあろうに私が濃茶を点てるお役だ。

今日は重茶碗(かさねぢゃわん)という作法。

ふつうのお点前さえも覚束ないのに・・・。

去年最後の稽古は12月27日で、そのときにも重茶碗を練習したがこれっぽっちも覚えていない。

不安になったので昨夜と今朝、Youtubeで重茶碗の動画を見た。

まあ、何度見たところでミスはするのだが、思ったよりも失敗が少なかった気がする。

ついでに言うと、着物と袴の着方もすっかり忘れている。

これもYoutubeを見ながらの着付け。

男の和装は、動画を見ながらやれば、どうにか形になる。

そして、着るよりも難しいのが畳み方。

特に袴は、動画を見ても分かりにくい・・・。

これで合っているのかどうか怪しいが、見た目が似ているのでOK。

次に着るのは何か月後だろうか・・・。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です