朝日を浴びた国旗、鶴山、拝殿

 

いつの頃からか、神在祭の期間中に出雲大社を参拝するようになった。

勤労感謝の日の今日が、今年の神在祭の初日だった。

午前3時に出発して、5時45分ごろ出雲大社に到着。

駐車場はかなり混み合っていた。

ナンバープレートは半数近くが関西。

中部、関東、東北のナンバープレートを付けた車もあった。

みんな神様が好きなのだ。

境内に入ってすぐの右手にある祓社(はらえのやしろ)は、いつも長い行列ができているのだが

今日は朝6時半の時点で、100人以上並んでいた(数えてないけど、だいたいの雰囲気で)。

出雲大社で長蛇の列ができるのは、ここと本殿裏の素戔嗚尊の社だ。

並ぶのは大変なので、どちらも離れたところから柏手を打ってお参りしている。

神様はきっと、遠くからの参拝でも目の前の参拝でも、同じようにご利益を授けてくれると思っている。

完全なるマイルールだが、こういいうのは気持ちの問題。

写真の通り、神様も朝日を照らして歓迎してくれた(と思う)。

また一年、神様に褒めてもらえるように頑張ろう。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です