VARは遠い世界の話ではなく、私たちも似たような生活をしている

 

スポーツのジャッジにビデオ判定が使われることが多くなった。

いまワールドカップで話題のVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)や

ラグビーのTMO(テレビジョン・マッチ・オフィシャル)、

プロ野球の「リクエスト制度」がこれにあたる。

 

サッカーでは4年前のロシア大会からVARが採用されているが、今回はオフサイド判定をAIが補助している。

VARであれオフサイド判定であれ、最終的には主審の判断にゆだねられるのだが、

かなりジャッジに影響を与えている。

いまはまだ、ゴールやPK、退場につながるようなプレーでしか採用されていないが、

そのうち警告クラスの行為でもVARが使われるのではないかと思う。

 

これまで審判の目を欺く反則は山ほどあったし、今もある。

相手のユニフォームを引っ張る、抜き去られた後で足を引っかける、接触していないのに転ぶ。

これらは今まで、ファウルとジャッジされなければ問題ない、

むしろチームのためになるプレーと思ってやっている選手もいただろう。

 

「マリーシア(ずる賢さ)」は選手のスキルの一つだった。

今も得点や退場に絡むような局面でなければ、マリーシアは称賛されるだろう。

しかしこれだけビデオ判定が正確さを担保しているのであれば、

試合全体に採用されてもおかしくないと思う。

 

もしそうなれば、ほとんどのマリーシア行為はファウルになるだろう。

審判が気付かなければルールに反しても問題ない、と考える選手には気の毒だが

フェアに戦っている選手やチームにはメリットが大きいだろう。

 

私たちはふだん、「表沙汰にならなければいい」とか

「これぐらいは見逃してもらえるだろう」「気づかれなければセーフ」などと

よこしまな考えが浮かぶことがある。

実行してばれなければ「マリーシア」だ。

しかし、多くの場合、「お天道様が見ている」「不正はよくない」と思いとどまるだろう。

誰かに見られているわけでもないのに「天の目」が見ていて、心が裁きを受ける。

 

VARは心まで裁きはしないだろうが、私たちの世界でいう「お天道様」的な存在なのかなと思っている。

 

 

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です