紙の見本帖

 

印刷会社の営業社員の多くは、紙を触っただけで厚さ(連量)がわかる。

連量とは、その紙を全紙で1000枚にしたときの重量。

薄いものなら42.5kg、48kg、50kg(もちろんこの限りではないが)

厚いものは180kg、200kg、220kg、もっと上もある。

元印刷会社の私も、だいたい分かる。

現場を離れて長いので、誤差は出ると思うが、概ね見当はつく。

 

印刷営業をしていたのは、3年強の期間だ。

入社前は印刷の知識など一切なかった。

上司に怒られ、先輩に助言をもらい、ミスを重ねながら仕事を覚えた。

3年間で印刷の全てはわからないが、チラシやパンフレット、ポスターなど

日頃目にすることが多い印刷物の仕様や刷り方などは把握できた。

「石の上にも三年」は、我慢や辛抱していればいつか花開く、という意味だが

仕事の3年は、花が開かず転職しても、「経験者」と言っていいレベルだと思う。

同じ仕事を3年も続ければ、脳や体が覚えている。

使わなければ衰えるが、使っていれば感覚を失うことはないだろう。

 

弊社では、印刷物のデザイン・制作を行っているが、

印刷物を納品することもある。

本でもチラシでもラベルでも、おおよそ紙に刷るものであれば、最終形態は問わない。

私の印刷営業時代の知識とノウハウが生きている。

印刷業界のベテランに言わせれば「たったの3年」かも知れないが、

その3年をどのように役立てるかは、私にかかっている。

 

もっともらしいことを書きましたが、

要は、印刷物もご相談くださいというセールス投稿です。

 

 

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です