三次市甲奴、小童(ひち)の祇園祭

 

三次市の観光サイトの取材で、甲奴町小童の須佐神社で行われる祇園祭に行った。

コロナ禍で、ここ2年は神事だけの開催だったようだ。

 

今年は3年ぶりの祭り復活だは、私たちにとっては初めての体験だった。

祭りの詳細は後日に観光サイトで紹介するのでここには書かないが、

地元の人たちの喜びに満ちた表情が印象に残った。

参加する人も見る人も、皆3年ぶりの「祇園さん」を楽しんでいる。

 

そして、結構な田舎なのに子供の数が予想以上に多い。

甲奴町の一地区の祭りだが、境内いっぱいに人がいた。

神輿渡御を見守る、沿道に住むおばあちゃんたちも生き生きとしている。

やはり地域の伝統行事は、感染拡大の波に負けてはいけないと思う。

 

大規模なイベントや観光行事は開催する一方で、

ローカルな祭りが中止の憂き目に遭っていると、ニュースで見た。

今年こそは、との思いで準備をしてきた人たちがたくさんいる。

感染リスクが低い屋外行事は、開催するべきだと思う。

過度なリスク回避をこれ以上続けると、地域の伝統が失われかねない。

そう思いたくなるほど、いい祭りだった。

 

 

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です