一筆箋と便箋とインク

 

郵便物に一言添えるのに便利なので、一筆箋を良く使う。

一筆箋は百均でも買えるが、ほとんどの商品は絵柄が可愛らしすぎる。

しかも万年筆で書いたときの乾きが遅く、しょっちゅうインクが擦れて周囲に色移りしてしまう。

乾きが悪いのは用紙の問題だ。

万年筆用の便箋用紙ではなく、コピー用紙と同じ上質紙に近いものを使っているのだと思う。

今まで使った一筆箋では、鳩居堂の紙が一番書きやすい。

 

今日は朝から広島にいたので、心躍らせながら東急ハンズに向かった。

文具コーナーで「絵柄入り一筆箋」のプレートを見つけた。

いやいや、絵柄はなくていい。

私は、罫線だけが入っていればいいのだ。

願わくは鳩居堂の一筆箋を……。

しかし、その売り場の一筆箋は全て絵柄入りの他社商品だった。

失意のまま金座街から本通へと歩く。

こうなったら行き先は多山文具しかない。

以前は4フロアくらいを文具が占めていたが、今は1フロアを陶器店と半分に分けて営業している。

しかし商品は所狭しと陳列されているではないか。

一筆箋コーナーに、無地や罫線だけのものもあったが、鳩居堂の物がない。

有りもので妥協しようかと思って周りを見ると、別の棚に鳩居堂商品だけのコーナーがあった。

種類は少ないが、使い慣れた一筆箋がある。

常用するシンプルなものを縦書き横書きそれぞれ3冊ずつ買い溜め。

お気に入りの一筆箋が手元にあるというだけで、幸せな気持ちになる。

198円の幸せだ。

ついでに便箋と封筒、補充用インクも購入した。

これからは時々、一筆箋よりも少し長い手紙も書いてみようと思う。

 

 

広島のライター&カメラマンぶるぼん企画室

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です