飼育崩壊現場

 

今日は朝から市内の寺で動画撮影の後、広報紙のモデル撮影。

その後はワードプレス講習会の予定だったが、昼イチで急遽撮影が入った。

犬猫の保護活動団体の依頼で、活動シーンを撮る。

現場は、多頭飼育が崩壊してしまった家だった。

どの猫も人によくなれているが、一様にやせ細っていた。

餌を与えてもらえない、ネグレクトのような状態だったのだろう。

団体の人が餌を持って訪ねると、およそ20匹の猫が集ってきた。

これでも何匹か引き取り手が現れて、少なくなったのだと言う。

飼い主は、多頭でも世話ができると思っていたのだろう。

ひとたび躓くと、皺寄せは全部猫たちに寄せられてくるのだ。

2階の部屋にも猫がいた。

皆が皆、幸せに生きていけるのだろうかと心配になった。

 

目の前の猫を心配する一方で、虐待を受ける子供をはじめ、

人権を蹂躙されている人たちや、命を脅かされている人たちのことにはなかなか思いが及ばない。

連日報道されるウクライナの市民のことは気になっているが、

アフガニスタン、シリア、ミャンマーなど、さまざまな国や地域にも

生命の危険と隣り合わせの人たちがいる。

日本にも、いじめで悩む子もいれば、明日の食べ物にも困る貧困世帯もある。

だがそれは自然なことなのかもしれない。

ひどい環境にいる猫のことを心配するのは、自分が今その場所にいるからだ。

別の環境に身を置けば、そこで目にする事象について考える。

 

私たちは、その日その時その場所で、目の前にある世界でしか動けない。

寄付という間接的な支援の方法はあるが、行動できるのは今、ここしかない。

そんな当たり前のことに、改めて気づいた日だった。

 

 

 

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です