パス、トスも大切

 

好きなこと、得意なことを仕事にしているが、

不得手だったり知見が足りなかったりする分野もある。

そういうときは、専門家の力を借りる。

野球関係者に取材するときは、野球に詳しいライターを起用する。

ウェブ制作であればウェブ専門のクリエイターの力を借りる。

印刷物は印刷会社に外注するのと同じことだと思う。

スキルやノウハウであれ設備であれ、自社にないものは他社の力を借りる。

逆に、他社に力を貸すこともあるだろう。

 

計算が苦手だ。

確定申告はお金を払って税理士に任せる。

文章を書くことには苦労しない。(作品を仕上げるのには苦労するが)

代筆を請け負うことがある。

 

世の中は、得意と不得手の等価交換を、金銭という目に見える形で行っているのかもしれない。

 

 

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です