今日の贅沢。ジャイアントコーンショコラベリー

 

昨今よく耳にする「広島が3年連続で人口流出ワースト県」の話題。

今日は某テレビ局が、その原因と対策を特集していた。

地元就職支援者の一人が

「やりたい仕事を選ぶか、広島で働くことを選ぶかの二択」という主旨の発言をしていた。

つまり、若者が就きたい仕事が広島にはないので、大都市に出て行くと。

いやいやそうじゃないだろう、と思わずつぶやいた。

では東京に出て行った若者は、就きたい職業に就いているのか?

希望の職種や業界で働いている人はほんの一握りで、

他は広島でもできる仕事に就いているのではないだろうか。

そもそも大都市でないとできない仕事と何か?

番組ではIT産業を例に挙げていたが、IT業界こそリモートワークが進んでいて

通信環境さえあれば、どこにいてもできる仕事になっていないか?

個人的に思うことだが・・・

広島から若者が出て行く理由は「大都市が遠い」からではないだろうか。

もっと平たくいえば「遊ぶ場所が少ない」こと。

地方都市のほとんどが同じ事情だろうけど、なまじ人口が多い分、流出も多い。

そして、他県と比較して東京へのアクセスが悪い。

新幹線でだいたい4時間。

飛行機のフライトは75分だが、空港へのアクセス時間や搭乗前の時間も加えると

東京や品川までの所要時間は新幹線と大差なく、便数は少ない。

陸路、空路どちらにもメリットがないという、ユニークな場所にある。

週末に遊び感覚で東京に行くわけにはいかないのだ。

都会の空気を吸いたい若者は、広島を出るしかない。

これを食い止めるには、価値観を変える必要があるのではないかと思う。

しかし、テレビを見れば常に東京を基準にした番組ばかり。

先日の積雪で大騒ぎしていたように、時事や社会、グルメ番組など、ほとんどが東京発の情報だ。

私たちは知らないうちに、テレビに東京暮らしを刷り込まれている。

出て行くなと言う方が無理なのだ。

ただ、テレビを見る若者が激減しているようなので、そろそろこの流れが変わるのではないかとも思う。

その頃には、若者の絶対数が今よりもっと少なくなっているだろうけど。

 

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です