今日の八本松

 

日本フルハップの会報誌「まんど」2月号「心に残ることば」より。

万葉集に収められている、大伴坂上郎女(おおとものさかのうえのいらつめ)の歌が紹介されている。

酒杯(さかづき)に梅の花浮かべ思ふどち
飲みての後は散りぬともよし

まず思ったのは、ルビなしでは大伴坂上郎女が読めなかった。
(私は文学の知識がない)

それはいいとして、この歌の意味は

酒杯に梅の花を浮かべ、親しい者同士が飲み合い、十分に楽しんだ後は、花は散ってもいいだろう。

ということのようだ。

コラム執筆者の音田昌子さんは、坂上郎女の半生を紹介して、最後にこう綴っている。

与えられた運命のなかで精一杯生きてきた彼女だったが、ふと、このまま老いることへの不安を感じたのではないか。
そんな気持ちを封印し、役割を果たせば「花は散りぬともよし」とするような、坂上郎女の潔さを感じ、時代は違えども、同じ女性として共感を覚えた。

私は男だが、老いてゆくことへの不安はもちろんある。

だが先々を心配しても何も始まらないという気持ちも持っている。

人生で、自分に与えられた役割が何なのか、いまだ模索中だけど、

少しずつ近づいてきているような気もする、ほんとうにゆっくりだが。

それも、動いているからこそ近づいていくのだと思う。

止まっていては永遠に近づけない。

今の自分にできることを全力でやってみようと、

今日も気持ちを新たにした。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です