リズミカルなお玉

 

今日は数人のオジサン世代の講話を耳にする機会があった。

聞き手は10代前半の子どもたち。

あるオジサンの講話では、黒板に「夢」「叶」と大きく書かれていた。

違う場所で違うオジサンの黒板にも同じ「夢」「叶」と書いてある。

これはおそらく

愚痴、マイナスの言葉を吐いていてはだめだ

「吐」から「ー」を消せば「叶」になって夢が叶うという趣旨。

申し合わせた訳ではないと思うけど、この手の話はよく耳にする。

発信者はたいてい50代か、それ以上のオジサン世代だ。

先日も、ある人の原稿で同じ内容のものを読んだ。

人生経験を重ねたオジサンたちの話に共通しているのだから、きっと真理なのだ。

ネガティブな言葉を発しない方が幸せなことは事実だと思うけど、

このネタはあちこちで出過ぎでしょう。

講話の教科書というものがあって、それに載っているのかと思うくらい、みんなこの話をする。

若者たちはきっと、これから何度もこの話を聞かされる。

これからのオジサン世代は、違うネタを用意した方がいいかもしれない。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です