広島の辻利一茶舗

 

取材先の茶舗でいただいたお茶が、人生最高のおいしさだった。

「幽覧」と名付けられたこのお茶の産地は、意外にも広島。

いいお茶は甘みがあると言われるが、今まで飲んだお茶で、甘みを感じたことはなかった。

だが幽蘭は甘く、そして旨みも強くて驚いた。

余韻がずっと続く感じだ。

さらに二口目、三口目と味わいが変化して、最後の一口まで楽しめた。

もちろん取材の後、購入して帰った。

こういうものは家で飲むと、店と同じにはならないのが常だが、

幽蘭は、店でいただいたままのおいしさを再現できた。

映画『ごちそう茶事』を観ながら、お茶の味をじっくりと堪能した。

以前、ここで紹介したことがあるが、『ごちそう茶事』は本当にいい作品なので

お茶が好きな人は観てほしい。

 

取材先の店はWink3月号に掲載されます。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です