今日の一枚:磯松交差点付近

 

夕方のウオーキング中にふと

「昨日を悔い、明日を憂える人がいる」という一節が頭に浮かんだ。

「万人幸福の栞」の第一条「今日は最良の一日、今は無二の好機」に書かれている言葉だ。

気になったので帰宅後に該当するページを開いてみた。

冒頭に私の手書きの文字がある。

今日一日が人生の縮図 就寝=臨終

その横の活字文3行が鉛筆で囲まれ、さらにその中の一文が鉛筆で囲まれている。

今日の外に人生はない。

今日、今をおいて他に人生などない。

それなのに、変えられない過去のことに引っ張られ、見えない先のことに不安を感じる。

変えることができて、見えている、「今」を大切にしていない。

私の心の悩みが消え去った。

今を大切にしないで、過去のことや先のことで心を痛めていた。

この気づきを誰かに共有したくて、ここに記している。

自分で変えられるのは今しかない。

そして、この章の最後のページ、余白に私が書き込んでいる言葉もここに紹介する。

英国人は心が迷ったら、針箱の掃除から始める。

鉛筆入れの掃除から始めてみよう。

小さいところから整理していくと、心が治る。

とある。

家中の掃除は大変だが、小さな箇所の掃除ならできる。

引き出し一つでも整えれば、心が整う。

今夜は書棚を一段、整理してみよう。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です