文春トートバッグは使いやすかった(過去形)

 

去年の1月に、電子版の文藝春秋の年間購読を申し込んだ。

当時読んでいたnoteの「文藝春秋digital」が5月で終了して、以降は電子版文藝春秋になるということだった。

なぜ年間にしたのかというと、トートバッグがもらえるというだけの単純な理由だった。

そのトートバッグ、手元に届いてからはや10か月近く経とうという今日、初めて使ってみた。

今日の持ち物は34センチ四方と、普通のバッグには収まり切らないサイズ。

文春のトートバッグは縦横40センチと大きいものだったので、ちょうどよかった。

改めてデザインを見てみると、ロゴマークがすごく主張しているけど、嫌味な感じはない。

けっこうオシャレじゃんと思った。

私が知る佐藤可士和のデザインの中では一番マトモかもしれない。

(ベースの文春ロゴが秀逸なだけかもしれないが・・・)

持って歩いても恥ずかしくない。

むしろ気持ちいい。

トートバッグは満足度が高く、年間購読にしてよかったと思ったのだが・・・

肝心の文春の記事を、この一年はほとんど読んでいないことに気づいた。

個人的に、サブスクでありがちなことなのだが、

「読み放題」「見放題」といったシステムだと、意外と読まない、見ないのだ。

「いつでも見られる」という安心感なのか、気になるものでもつい先延ばしにして

後々になって忘れてしまうという悪循環。

いったいこれはどうしたものか・・・

記事に課金されること自体はまったく抵抗がないのだが、

お金を先払いしてしまうと、権利の行使を疎かにしてしまうのかもしれない。

といういわけで、購読1年を機に一旦休止してみる。

こういうことをすると、読みたい記事がたくさん出てくるものなのだけど、

本当に読みたいときだけお金を払うほうが安くつくかもしれない。

次の1年は、記事のスポット買い(できるのか?)で過ごしてみようと思う。

来年覚えていたらまた振り返りをここに書こう。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です