まいんど1月号「心に残ることば」

 

今月も、日本フルハップの会報誌「まいんど」の巻末「心に残ることば」より。

今回は「最初の質問」(長田弘)という詩が引用されていた。

中学生の教科書にも採用されているそうだが、読んでみてなかなかの名作だと思った。

冒頭の

今日、あなたは空を見上げましたか。

でドキッとする。

意識して空を見上げることが一年に何度あるだろう。

読み進めていくと、もっと自分のことを理解したい、自分の感性を大切にしようと思わされる。

 

コラム筆者の音田昌子さんが挙げている一節も心に刺さる。

何歳のときのじぶんが好きですか。

上手に歳をとることができるとおもいますか。

 

「上手に年をとること」

50歳を過ぎた頃から、歳の重ね方について時々考える。

だけど大したことをしていないのに、還暦の方が近くなってきた。

上手な歳の取り方を、考えるだけでなく実行していかなければ

いつの間にかお迎えが来ました、ということになるかもしれない。

音田さんが言うように

「いまの自分がいちばん好き」と胸を張って言える自分でありたい。

はてさて、それはどんな自分? と考えてみると・・・

人の顔色伺ったり、遠慮したりしない自分、なのだろうと思う。

来年の自分が、過去最高の自分でありますように。

 

「最初の質問」は絵本として出版されていました。Youtubeに朗読動画がありました。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です