竹島の存在を消した新聞広告

 

新聞のテレビ面の記事下広告は、中国放送の番組宣伝だった。

中四国6局ブロックネット特別番組「アンガールズの絶景アイランド

真っ先に目に飛び込んできたのは

「中四国には、最北端と最南端に同じ名前の島がある」という文言。

そして広告には、地図上の隠岐の島(島根県)と沖の島(高知県)が示されている。

広告だけでなく、番組HPでも隠岐の島が最北端だと記述している。

言うまでもなく、島根県の最北端は竹島だ。

隠岐の島からおよそ150km北西。

中四国最北端というなら、当然竹島なのだが……。

 

新聞は記事だけでなく、広告でも事実と異なるものは掲載できない。

さらに広告は、たとえ事実であってもクレームの可能性があると修正を求められる。

何度も掲載した内容でも、一度クレームが入った表現はNGになる。

広告代理店にいた頃、新聞社の広告審査としょっちゅう言い合いになっていた。

(いくらこっちが粘ってもダメなのだが)

つまりこの中国放送の広告は、新聞社の広告審査がOKを出している。

中四国の最北端が隠岐の島だという記述は、広告として問題ないと。

新聞記事の校閲ならば、絶対に修正される。

 

間違いをスルーしていること以上に問題なのは、

これを読者、視聴者に刷り込んでしまうことだ。

「島根県の最北端は隠岐の島」と覚えてしまう恐れがある。

それは竹島の存在を忘れることにつながる。

日本国や島根県にとって看過できないことだと思う。

この番組は中四国6局で放送される。

BSS山陰放送は、苦情の一つでも入れたのだろうか?

そっちのほうが気になる。

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です