作品を組むために検討中

 

所属する写真クラブの、今秋の写真展のテーマは「“好き”を切り撮る」

来月には候補作を提出しなければならないので、撮り溜めした写真の中から粗選りした。

数千枚の中からとりあえず50枚程度。

これにスマホ写真からもいくつか選んで検討する。

こういう作業をしてみると、自分の志向が見えてくる。

何に心を奪われて、何が撮りたくて、何を表現したいのか。

薄々気づいていたが、暗い写真が多い。

性格によるものなのかもしれない。

自分が撮った写真だが、撮影してから数ヶ月以上経ったものが多い。

撮ってすぐよりも冷静に判断できる。

ボツだと思っていた写真が、意外と良かったりする。

先生に言われたことがあるが「寝かせる」というのはとても重要なことだ。

文章も書き終えてしばらく寝かせてから再度読み直すと、修正点がいくつも見つかる。

それと同じことなのかもしれない。

今回の写真展、先生には「高めのボールを投げろ」と言われた。

もともとストライクゾーンの球がないので、高めかワンバウンドか……

とにかく思い切り投げてみよう。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です