菜野華のお好み焼き

 

徒歩3分ほどの場所にあるお好み焼き屋「菜野華」。

お好み焼きを食べるとき、2回に1回以上の頻度でがこの店に来ている。

行けば席に着く前にママさんが、「今日はいつもの?」と聞いてくれる。

「いつもの」は肉玉そばのイカ天入り、ネギかけだ。

この店では99%これを注文している。

そして、他店では滅多にしないのだが、ここではあれこれとトッピングをしてしまう。

もちろんそのままでもおいしいのだが、この店のお好み焼きは辛子マヨネーズとの相性が抜群なのだ。

鉄板の上(皿でもいい)にお好み焼きが運ばれてくる。

まずはネギの上に、辛子マヨネーズをできるだけ細めに、できるだけ広範囲にかける。

一度絞った場所は二度通らないのが理想だ。その方が仕上がりが美しい。

続いて追いソースを、これも細めに、辛子マヨネーズの3分の1ぐらいの量をかける。

そして、ミルを回しながらすりごまをしっかりと振りかける。

最後は紅生姜をセンターにのせる。

こうしてカスタマイズされたお好み焼きを、読書しながらゆっくり食べる。

端からヘラで切り分けて食べる。

鉄板の熱だと、いつまでも熱い。最初の方は熱すぎるくらいだ。

セルフサービスの麦茶で時折クールダウンしながら食べる。

いろんな店で食べたけど、菜野華がいちばん落ち着くし、いちばんおいしいと思っている。

今日もごちそうさまでした。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です