一等水準点

 

「水準点」という場所がある。

三角点と同様に、測量に使われるものだ。

三角点は経度・緯度の基準、水準点は標高の基準になる。

三角点はよく知られているし、私も測量に使われるものだということぐらいは知っている。

しかし、水準点はその存在すら知らなかった。

地図上では四角の中に点を打った記号が水準点だ。

水準点は、見落としてしまいそうなほどひっそりと存在していた。

三角点のような立方体ではなく、丸くて小さくて平らな形状だ。

土が流れてくれば隠れてしまいそうだ。

だがこの水準点がないと、正確な標高は測れない。

道路やトンネルの工事では特に重要だ。

地味な見た目だが、私たちの生活に大きく関係している。

日本中にこの水準点と三角点があるわけで、整備した先人の努力には頭が下がる。

差し当たって何かの役に立つわけではないが、知ってよかったと心から思う。

地図を見るのが楽しくなりそうだ。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です