馬術部の厩舎

 

3月29日から、東広島デジタル写真研究会写真展が始まる。

今回はモノクロ3枚の組み写真を出展している。

私はモノクロ写真が好きで、何度か作品として出しているのだが

プリントはいつも上手くいかない。

CanonのピクサスIP8730。

イメージ通りの色が出ないのだ。

PCモニターではきれいなモノクロ画像になっていても、

実際に印刷すると赤く出る。

セピアに近いモノクロになっている。

データはグレースケールで、プリンターの設定をモノクロにしているが、

赤い色が混じっている。

(カラー印刷も若干赤かぶりが見られる)

プリンターの機能として、黒をブラックインク、グレーインクだけでなく

CMYのカラーも重ねて印刷しているようだ。

どうしてモノクロなのにカラーを使うのか、理解できない。

仕方がないので、モノクロ写真の色モードを

グレースケールからRGBに変換する。

その後、カラーバランスで赤とマゼンタを落とす。

そして

モノクロ写真なのにカラー印刷をする。

これでどうにかイメージに近い色になってきた。

完璧にするには、もう少し調整する必要がある。

モニターで見る色とプリントの色が違うのは当然としても

純粋なモノクロの色が出ない仕様なのはちょっと困る。

モノクロがきれいなプリンターに買い替えればいいのだろうけど

A3ノビまで出せる機種は結構な値段だわ。

しばらくカラー印刷のモノクロに磨きをかけるしかない。

 

 

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です