SINGMA24-70 F2.8 DG DN ISO400 F8 1/1600

(可部・誓立寺のハクモクレンの木 SIGMA24-70mm F2.8 DG DN F8 ISO400 1/1600)

 

可能性というのはちょっとオーバーだが、広角で撮る接写が面白い。

普通は接写するときに使うのはマクロレンズ。

焦点距離は60〜100くらいが多い。

私が使っているマクロも70mmだ。

だがそれは仕事の上での話であって、

自分好みの写真にしようと思うと、もっと広角で撮りたい。

その意味では、昨年末に買ったレンズ

SIGMA 24-70mmが有能すぎてたまらない。

以前の投稿でも書いたけど

とにかく寄れる。リンク先の通り。

24ミリはレンズと接する位置でも撮れる。

(カタログ上の最短距離はレンズの長さよりも短い)

背景をたくさん入れて撮れるから楽しい。

寄りなのに背景も入る。ただそれだけで、何でもない被写体も面白くなる。

本当に買ってよかった逸品。

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です