新聞の影響力がどんどん落ちてゆく

 

所属している写真クラブが、中国新聞写真クラブの東広島支部でもあり、

撮影会「秋の情景」に出品したところ、入選していた。

コンテスト的なものには積極的にはエントリーしないのだが(入選するとは思えなくて)、

支部だし「これくらいはいいか」と思っていつも出している。

まあ他にも東広島の市美展とか広島県美展に出したりもするが……。

自分の世界を他人に評価されるというのが、いいのか悪いのか。

ある種の客観的な評価は意味があるとは思うが、

でも客観というよりも審査員の主観だし、

などと考えながら、自分が気に入った写真が、世間でどう見られているのかを知るのも悪くないと思う。

(実際はどう見られてもよくて、選外でも気にしないのだが)

 

で、新聞に名前が載ったところ、

一人だけ連絡してきた(笑)

発行部数公称60万部の新聞で一人ですよ一人。

(連絡をくださった先輩、ありがとうございます)

そういえば、短編文学賞で2次選考通過者に名前が載ったときは連絡ゼロ、最終選考でも連絡は一人だった。

何というかもう、隔世の感がある。

十代の頃は、新聞に載ることは名誉なことで、学校を挙げての大騒ぎだった。

(もちろん私ではない。友人が紙面に大きく出た時の話)

新聞に載っても誰も見ていない。

テレビだって、「明日の5時台に出ますよ〜」とか本人が宣伝しないと、たいていの人は見ない。

そう、今は本人が騒がないと注目されないという悲しい時代。

でも、そっとしておいてほしい人にはいい時代に違いない。

きっとね。

 

 

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です