ドライブレコーダーは見た

 

退院する父の送迎で病院に行った。

帰る時、駐車場の出口に向かって運転していると、

直進している私の車の右から軽トラックが出てきた。

減速してそのまま止まるのかと思えば、なぜか突っ込んできた。

私の車の右後部車輪の上に接触。

鈍い音が響いたが、幸いにもモールに小さな傷が付いただけだった。

相手方の連絡先をもらい、父を乗せて帰宅。

モール交換の見積もりをとって、相手に連絡した。

相手は謝りもせず、「わしだけが悪いわけじゃない。あんたも飛ばしていただろう」ときた。

(ちなみにその時、ドライブレコーダーに記録されていた速度は22km/h)

その言い草が許せなかったので

保険会社と、遅ればせながら警察にも連絡した。

 

そして驚いたことに保険会社が言うには、

こっちが直進の丁字路で、右折進入の車とぶつかった場合、公道なら直進優先だが

駐車場では適用されない。

過失割合は50:50からのスタート。その後の交渉で良くても70:30、たいていは60:40なのだと。

いや、それ、当てられ損じゃん。

軽微な修理代(2万円台)をめぐって、現場に立ち会い、保険会社に何度も連絡して、修理工場にも出向いて

もし過失割合が先方60だとしても半分近くは自己負担。

仮に先方が修理代を請求してきたら、

金額によっては4割でもこっちの修理代よりも高いかもしれない。

馬鹿らしい。

特にお金よりも労力の方がもったいない。

今日はこの件で何度も仕事が中断した。

保険会社に一任しているが、まだ落ち着きそうにない。

泣き寝入りはしたくないが、駐車場の事故はこんなに被害者に分が悪いとは思わなかった。

当たられたら負けだ。

 

 

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です