桜吹雪

 

河東碧梧桐に「酒の新都」と言わしめた西条を擁する東広島市だけあって、酒造会社が多い。

一昨日から今日までに黒瀬を含めて6社を取材。

明日も3社(うち2社は安芸津)の取材が控えている。

 

取材の帰り道で、弊社ライターと酒の「甘口・辛口」について話した。

個人的な見解だが、日本酒は全部甘い。

味覚的な辛さはない。

洋酒を含めていろいろ飲んだが、

苦味、渋味、酸味を感じる酒はあっても、世の中に「辛い」と感じる酒はないと思う。

ではなぜ、辛口というカテゴリー(?)があるのか?

これは甘口の対義語として辛口と呼んでいるのだ。

辛口=甘くない、水のような飲み口

ではなかろうか。

日本酒は基本的に甘い酒。

甘いを細分化すると、その中にも甘口と辛口がある。

だが私が酒を飲んでいた頃は「これが甘口、あれが辛口」などと意識したことはない。

おいしいか、おいしくないか。

好きか嫌いか。

それだけだ。

久しぶりに飲んでみたくなった。

飲まないけど。

 

 

広島のライター&カメラマン
ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

ぶるぼん企画室は広島県東広島市を拠点に活動する編集プロダクションです。

ぶるぼん企画室
代表 堀行丈治
東広島市八本松南5-6-12コウセイビル202
TEL.082-401-1072 FAX.082-553-0556

By ほりゆき

ぶるぼん企画室代表の堀行丈治(ほりゆきたけはる)です。取材、執筆、撮影、編集を生業としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です